埼玉セフレ募集掲示板hyoukaまだ始めたばかりなんで丸っきり稼げないんですよ

昨日取材拒否したのは、まさに、以前よりサクラのパートをしている五人のおじさん!
顔を揃えたのは、メンキャバを辞めたAさん、男子学生のBさん、売れっ子アーティストのCさん、芸能プロダクションに所属しているはずのDさん、漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「まず最初に、着手したキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんからお話しください」
A(メンズクラブ勤務)「俺は、女性心理が分からなくて気がついたら始めていました」
B(スーパー大学生)「小生は、儲けられれば何でもいいと考えて躊躇しましたね」
C(シンガー)「うちは、フォークシンガーをやっているんですけど、まだ始めたばかりなんで丸っきり稼げないんですよ。スターになる為にはくだらないことでもこつこつ下積みすると良いらしいんで、、こういう経験をして、当分アンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(タレントプロダクション所属)「オレはヤレる女○○って芸能プロダクションで芸術家を目指しつつあるんですが、一度のライブでわずか500円しか貰えないんで…先輩が紹介してくださったサクラの仕事をやっているんです」
E(若手お笑い芸人)「実のところ、うちもDさんと近い感じで、1回のコントでもらえて数百円の貧乏生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、ステマのアルバイトをすることになりました」
意外や意外、五名のうち三名が芸能プロダクションに所属しているという至って普通のメンバーでした…、だがしかし話を伺ってみるとどうやら、彼らにはサクラ独自の心労があるようでした…。
D(ホステス)「高級なバッグとかねだったらいいでしょ?あたしもそうなんだけど、何人かに同様の誕生日プレゼントお願いして1個を除いて全部売却」
筆者「マジですか?もらい物なのに現金に換えるんですか?」
D(ナイトワーカー)「そんな騒ぐことかな?皆も質に流しますよね?クローゼットに入れててもせっかく価値があるんだから流行だって変わるんだから、物を入れてメーカーだってうれしいでしょ?」
E(十代、国立大在籍)ごめんなさい。わたしもなんですけどトレードしますね」
C(銀座のサロン受付担当者)「やれるアプリを通して何人も貢いでくれる男性と知り合えるんですね…私は今までプレゼントもらったことないです」
筆者「Cさんって、ネットの出会いでどういった人と会ってきましたか?
C「ブランド物を誰もくれませんでした。ほとんどの人は写真とは違うイメージでおしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしなんですが、出会い系でもまじめな出会いを求めているので、やり取りをしていたのに体目当ては困りますね」
筆者「やれるアプリ上でどういう相手を期待しているんですか?
C「批判覚悟で承知で言うと医師の方とか弁護士の方とか国立大在学中の将来性のある男性が目当てなんです。
E(国立大に在籍中)わたしも、国立大に在籍中ですが、やれるアプリの中にも同じレベルの人間はそれなりにいます。とはいっても、ほとんどはイマイチなんです。」
やれるアプリに関しても、オタクについて偏見のある女性がなんとなく人数が多いみたいです。
オタク文化が一般化しつつある見られがちな日本でもまだ一般の人にはとらえることは薄いようです。

関連記事