出会い系サイト愛人モデル

D(ホステス)「有名ブランドのバッグなんて欲しいって言ったら簡単にくれますよね。わたしってば5、6人に同じもの欲しがって1個だけもらっていて買取に出す」
筆者「本当に?お客さんのプレゼントがそんなことになっていたなんて」
D(キャバクラで働く)「そんな騒ぐことかな?全部取っとく人なんていないです。単にコレクションしても案外場所取るし、流行が廃れないうちに置いておいてもバッグの意味ないし」
E(十代、国立大学生)すみませんが、わたしもなんですけど現金化するタイプです。」
C(銀座のサロン受付担当者)「出会い系サイトを利用してそういったお金が手に入るんですね…私はまだまだトクしたことはないです」
筆者「Cさんに質問します。謝礼交際アプリを使ってどんな目的の男性を交流しましたか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらった相手にねだったりはしてないです。全部の人が、パッと見ちょっとないなって感じで、おしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしについては、出会い系サイトは怪しいイメージも強いですが、恋人探しの場としてやり取りをしていたのに急に下品な話を出されてげんなりしました。
筆者「謝礼交際アプリにアクセスするのはどんな異性と期待しているんですか?
C「夢を見るなって思われそうですけど、医療関係者とか法律関係の方とか国立大在学中の高給取りか将来稼ぎそうな人がいいです。
E(国立に籍を置く)わたしも、今国立大で勉強中ですけど、出会い系サイト回ってても、出世しそうなタイプはいる。問題は、偏りが激しい人間ばっかり。」
謝礼交際サイトに関しても、コミュニケーションが苦手な男性をイヤな感情を持つ女性がどうやら大多数を占めているようです。
オタクの文化がアピールしているかにかに思われがちな日本でも今でも身近な存在としての感覚はないのではないでしょうか。
コミュニティ系のサイトを何者かが観察をしている、こんな項目を本で読んだことがある人も、決して少なくないと思われます。
元々、謝礼交際サイトも含めて、あらゆるサイトにも言えることで、無差別殺人の計画謝礼交際 sns巨悪組織との交渉、未成年者をターゲットした犯罪、そんな悪質行為が数え切れないほどのサイトで、見えないところで行われているケースは多いわけです。
こんな卑劣行為が通用していいかと言うと、絶対にダメですし、いかなり理由があろうと、どんな犯罪もやってはいけないのです。
ちょっとした手掛かりを証拠を掴むことができ、あとは書き込み者の家に出向き、あとは裁判所からの許可があれば、罪に問うことができるのです。
自分の情報が過剰に警戒する人もネット初心者にはいるかもしれませんが、万全の対策をして個人情報を最優先に考え、常識外の捜査にならないよう正式な許可を受けた上で、万全を期して捜査をするのです。
大半の人は、以前にも増して非人道的な犯罪が多くなった、最悪な時代になったと諦めてしまっているようですが、むしろ積極的な摘発で大きな犯罪も年々減っており、子供が巻き込まれる被害も下降傾向にあるのです。
謝礼交際サイトの犯罪を無くすために、不眠不休で、警察などを始めいろんな人が警固しているのです。
最後に、これ以降も悪質者の逮捕に全力で捜査し、ネットでの危険行為は半数程度になるだろうと思われているのです。

関連記事