「復縁」という妄想にしがみついているだけかもしれません競馬が当たる手相

人を好きになることもしてもらうことも生きている今が一番だと心から実感できます。
意中の人と両想いになると、うれしいことは共有すれば2倍になり、悲しいことは小さく感じられます。大きな心の支えを得られます。
それなのに失恋するとそれまで感じていたものの喪失感というものはすさまじいもの。
いつでもいっしょにいたことが記憶によみがえってきて我慢できない気持ちが次から次へとあふれ出てきます。それはしばらくの間繰り返しつづけずっと終わらないようにも感じてしまいます。
恋が終わった人と薬物中毒の患者は、脳の一部に共通点があったという研究発表をした大学の研究者までいます。
報告では、薬物依存の患者が自分の気持ちや行動を耐えられないことと、失恋したモニターが感情の制御が効かないことは、その脳に起こる異変がよく似ているからだと解明しました。
この研究結果によって、失恋の気持ちが盛り上がれば、ストーカーになったり、もしくは気持ちがどんよりしたりということが証明できるのです。
言われてみればその通りで、何度も薬に手を出す人も、異常な行動をとったり、抑うつに落ちやすいです。人によって違いますが、アルコールや薬の中毒症状になりやすい人、そうでない人に分かれます。
告白に失敗してから、狂ったような振る舞いやメンタルに陥ってしまう場合は本来中毒を起こしやすいなのかもしれません。
その場合、失恋から立ち直るのは、自分だけではなかなか大変なことなので、友人や知人に相談するのもいいでしょう。
付きまといまでひどくなってしまう場合は、孤立した環境や心理にあることが大半といえます。もし人の温かいまなざしがあった場合、それほど深刻な事態には成らなかったのはないかと思います。
失恋した人は占い師に相談することがよくあるでしょうが、占い師を訪ねたら寄りを戻せる可能性ばかり質問するのではなく、どうして別れるという結果に終わったのかを一番に見てもらうのがベストです。
そのわけは隠れ血液型占いどうしても別れてしまう二人もいるからです。
どの占いでも可能ですが、四柱推命や血液型占いですと、お互いの相性を調べたり、恋人になったころに以前の運勢まで占うことにも特化しています。
四柱推命や血液型占いといった占いでは、「別れる確率が高い相性」というものが明らかです。そしてなぜ別れる結果になるのかという理由もわかります。
一例ですが、「いいときはついているが悪いときはどうにもできない」という相性だったら、カップルを解消しても仲良しのままです。
しかしその相性は、交際したり結婚してからも、急に衝突が増えて別れの原因になってしまいます。
だから、寄りは戻せません。また悲しい結末を経験するだけの似たような時間をつぶすだけです。
熱い恋愛になりやすくても、お互いにつらい思いをしてしまい、最後は気持ちが冷めてしまうというパターンもあります。
良好な関係を保てる相性は他にも存在しますので、相性の良さ・悪さも視野に入れてよく考えましょう。
あなたは見方が限定され、「復縁」という妄想にしがみついているだけかもしれません。

関連記事