逆援出会い掲示板お金をあまりかけずにお買い物がしたくて出会いを渇望しているようなものです

出会い応援サイトを使用している中高年や若者にお話を伺うと、ほぼ全員が、人肌恋しいと言うだけで、一瞬でも関係を持つことができればそれでいいという捉え方で出会い系サイトを用いています。
つまるところ、キャバクラに行くお金を払うのが嫌で、風俗にかける料金もかけたくないから、料金が必要ない出会い系サイトで、「ゲットした」女の子で手ごろな価格で間に合わせよう、と考え付く中年男性が出会い系サイトに登録しているのです。
そんな男性がいる中、女達はまったく異なるスタンスを抱いています。
「相手とすごく年齢が離れていてもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい彼氏が欲しい。出会い系サイトに手を出しているおじさんはだいたいがモテないような人だから、女子力不足の自分でも手のひらで踊らせるようになるんじゃ…!可能性は低いけど、イケメンの人がいるかも、キモメンは無理だけど、顔次第ではデートしたいな。ほぼ確実に女性はこのように考えています。
平たく言えば、女性は男性の容姿の美しさか貢いでくれることが目当てですし逆援出会い男性は「お得な女性」を手に入れるために出会い系サイトを使用しているのです。
二者とも、お金をあまりかけずにお買い物がしたくて出会いを渇望しているようなものです。
最終的に、出会い系サイトを適用させていくほどに、男性は女を「商品」として捉えるようにになり、女性も自分自身を「商品」として扱うように転じていってしまうのです。
出会い系サイトに馴染んだ人のスタンスというのは、女性をじわじわとヒトではなく「物質」にしていくような狂気的な「考え方」なのです。

関連記事