正直言って全然違うんですよね登録無しでせふれが探せるサイト

筆者「手始めに、それぞれせふれサイト利用を決めたとっかかりを順々に話してください。
集まったのは、高校をやめてからというもの、五年間自宅警備員を続けてきたというA、中間業者として生活費を稼ごうと頑張っているB、小規模の芸能プロダクションでレッスンを受講して、アクションの俳優になりたいC、せふれサイトをやり尽くした名乗る、ティッシュを配っているD、五人目の、新宿二丁目で水商売をしているE。
どの参加者も二十代の前半です。
A(普段は自室から出ない)「俺は仕事も何もしてないんですけど、ネットにつながっていたらせふれ 無料すごいタイプの子を見つけて向こうからコンタクトとってくれて、それから、あるサイトに会員登録したら、直接連絡取る方法教えるってことだったので、IDゲットしました。それっきりその子から連絡が取れなくなったんです。ただ、他にも女性はたくさんいたので出会えたので」
B(せどりに)「始めはやっぱり、自分もメールしたくて。見た目で惹かれてストライクゾーンばっちりでした。直で話したいからサイトに登録して。そのサイトって、機械とか業者のパターンが多くて会える人もいたので、相変わらず利用しています。
C(俳優になる訓練中)「自分なんかは、色々なキャクターを作るのにいいかと使い始めました。せふれアプリから離れられないような人の役をもらって、以来使うようになりました」
D(アルバイト)「僕の場合、先に使い出した友人に関係でいつの間にか
忘れられないのが、トリとなるEさん。
この人なんですが、ニューハーフなので、正直言って全然違うんですよね。
今週インタビューできたのは、まさに、いつもはステマのパートをしていない五人の男女!
出席したのは、メンズキャバクラで働いているAさん、現役男子学生のBさん、自称アーティストのCさん、有名芸能事務所に所属しているはずのDさん、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「まず始めに、辞めた原因から教えていただくことにしましょう。Aさんから順にお願いします」
A(元メンズキャバクラ勤務)「わしは、女心が知りたくて開始しました」
B(就活中の大学生)「自分は、収入が得られれば何でもいいと考える間もなく始めましたね」
C(シンガーソングライター)「わしは、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだ素人同然なんで全く稼げないんですよ。実力をつける為にはささやかな所から地道に下積みしなきゃいけないんで、こんなバイトやりたくないのですが、差し当たってアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「ボクは、○○ってタレント事務所でライブパフォーマーを目指しつつあるんですが、一度の舞台で500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトをやっています」
E(コント芸人)「実を言うと、うちもDさんと似た状況で、1回のコントで数百円の貧乏生活してるんです。先輩の紹介で、サクラのアルバイトをするに至りました」
なんてことでしょう、五人中三人ものメンバーがタレント事務所に所属中という華々しいメンバーでした…、ただ話を聞き取っていくとどうやら、彼らにはステマ独自の喜びがあるようでした…。

関連記事